暗記と記憶

Vol. 0012

学校の試験には、暗記しなくてはいけないことがたくさんあります。それを試験前に一夜漬けしようと思っても、まずうまくいきません。英単語や歴史的人物など、なかなか覚えられません。

僕も覚えることが苦手で、受験勉強や定期テストは苦労しました。

一方で、過去の楽しかった旅行や、バースデーパーティの事、部活の試合で勝ったこと、負けたこと、失恋とか傷ついた事や、自然災害や戦争で受けた苦しみなどは、深く記憶に刻まれて、忘れようとしても忘れられません。

その違いは何なんでしょう?

答えは、そこに感情があるかないかです。少しでも、ほんの少しでも、そこに感情がブルッ震えたら、それは記憶に残ります。

感情と出来事(覚えること)が脳の中で繋がると、記憶が深くなります。

英単語ですが、単語だけで覚えようとしても限界があります。必ず例文で覚えるようにしましょう。そして、例文も、自分の経験や好きな事を入れて、自己流に文章を変えて覚えるのが効果的です。

例えば、The bus is caught in a traffic jam. (中2英語)なら、
My father’s car is caught in a traffic jam. のように、お父さんの車を主語にして文章を変えて覚えていると、文章がより身近に感じるし、日常のことで「お父さん大変だな」とちょっとだけでも自分の優しい感情に触れることになります。

あとは「この前の家族旅行は渋滞でたいへんだったな We were caught in a traffic jam in the family vacation last summer.」とか「お父さんが遅くなると夕食が遅れるんだよな~ The dinner is late because of the traffic jam.」「お腹すいたな Hungry!」などとイメージが広がり、自分のほかの記憶とも結びついて、そこからの感情を借りてくる(関連させる)ことも出来ます。関連するほかの単語も、覚えやすくなります。

声に出して覚えると、日常会話でも使えて、今度、家族旅行に行ったときにでも使えます。英単語を覚えながら、文章も覚えて、英会話にも使えて、家族の前で使うと、「すごい!」って褒められる。まさに、一石二鳥。三鳥、四鳥。

何よりも、覚えることが楽しくなりますよ。

一旦楽しくなると、苦手意識が消えていき、いくら大量に覚えることがあっても、苦痛にならなくなります。

大量の暗記で、もうひとつ大事なこと。

それは、忘れることを恐れないことです。

暗記の量が増えると、実際、忘れる量も多くなります。それは当たり前。そんな、一回で覚えられるなんてありません。後は、繰り返し、繰り返しです。

初めから完璧を目指したらダメ。それに、「どうせ忘れるんだから」といって、やらないのが一番ダメ。

赤ちゃんだって、何度も立ちごけしながら、やっと、つかまり立ちし、支えなしで立てるようになります。初めから「どうせ立てないし、すぐ転ぶし」と思っている赤ちゃんなんていませんよ。

 

ペガサス府中夢教室の公式ページ: https://kidsassist.jp/

関連記事

  1. 井の中から外へ

  2. 平成31年、一般参賀の歩き方【府中で国語力と理系脳の学習塾】

  3. 天才に勝つ方法:ありがとう!稀勢の里【府中で国語力と理系脳の学習塾】

  4. 壁の掲示物が落ちる頃 【府中で国語力と理系脳の学習塾】

  5. 両手を使うと頭が良くなる【府中で国語力と理系脳の学習塾】

  6. 2分の1成人式

2013年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

本科コース

小学部中学受験コース   小学部普通科コース   読書くらぶ   中学部高校受験コース   中学部普通科コース

その他コース

定期考査対策   学力診断テスト
合格実績   保護者・生徒の声   よくある質問   学習塾ペガサス府中夢教室YouTube   学習塾ペガサス府中夢教室Facebookページバナー   学習塾ペガサス府中夢教室Twitter

アクセス

学習塾ペガサス府中夢教室

〒183-0011
東京都府中市白糸台1-41-1 北辰ビル3F
042-306-5841

ペガサス府中夢教室アクセス地図 (クリックで拡大します)