東京都府中市で「国語力」と「理系脳」を鍛える個別指導塾 学習塾ペガサス府中夢教室

menu

学習塾ペガサス 府中夢教室

できる子・できない子、違いはこの一点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Vol. 0208

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

国語力と理系脳を鍛え、グローバル人材を育てる学習塾ペガサス府中夢教室・塾長の仲山です。

当塾で実践している誉め育て

当ブログでは何度も誉め育てに関して書いているので、検索窓からキーワード誉め育てでいろいろと記事が見れると思います。

当たり前ですが、何でもかんでも誉めればいいってわけではありません。

また、当たり前ですが、誉めれば成績が上がるってわけでもありません。

誉め育てでは何が大切なのでしょうか。

それは、

誉めることによって、お子さんに「心の余裕」を与えること・・・

これがめちゃくちゃ大切です。

「心の余裕」を与えることで、

できない子できる子に変身します。

では、「心の余裕」とは何か?

「心の余裕」とは、

自分の出来ないところを素直認めること
できない自分許すこと
客観的になること
人の話を聞くことが出来ること
自己防衛しないこと

具体的には、、、

小学校のカラーテストや中学校の定期考査で、生徒さんから結果を見せてもらう時、

彼らは何を期待しているかというと、

ちょっとでも誉めてもらいたい。」

と思っています。

例えば、

点数の低かった子が言ってきます。

「でも、ここの問題はクラスで2人しか合ってなかったんだけど、僕、マルだったんだよ。」

こんな時は、全力で誉めます

たとえ点数が低くても、です。

誉められると、生徒さんには「心の余裕」が生まれます。

ここで、誉めるだけで終わってしまうと、「ほめると子どもはダメになる」とか言われてしまいます。

つまり、「心の余裕」「油断」になってしまうからです。

マルが付いた問題だけで喜んで、バツが付いた問題は無視すると、

できない子は、ずっとできないままになってしまうのです。

できない子をできる子にするには、

誉めるだけではなく、誉めた後が大切です。

誉めることで生徒さんは安心し、「心の余裕」が生まれます。

生徒さんと先生との間で、共感の土台できています。

その後は、できていない問題バツをもらった問題に目を向けるように、

方向性を与えていきます。

「ここはどうしてまちがったの?」

「僕、ちょっと小数点の問題が苦手なんだ。」
「読解問題の時間が足りなかった。」
「単語の綴り(つづり)がよく間違えるの。」

とか、いろいろと本人の口から反省点が出てきます。

それを基に、今回間違った点を復習して行きます。

できなかった問題ができるようになったら、

少しづつですが勉強が好きになってきます。

できる子できない子の違い

それは、

バツの問題を、できるようになるまで復習するかしないかの違いなのです。

このわずかな違いが、成績の向上低下の分かれ目なのです。

これ、大人になっても大切ですよね。

 

お知らせ新規入塾受付てます。 コースを選んで今すぐ無料体験に申し込み!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆夢を描けば、道は通じる◆◆◆◆ 
◆◆府中から世界を目指せ!◆◆
ペガサス府中夢教室は
◆◆子供たちの◆◆
◆◆応援して◆◆
います
◆◆◆◆
◆◆◆
◆◆
お電話 042-306-5841
p.fuchu.dream@gmail.com
東京都 府中市 白糸台 1-41-1 北辰ビル 3F
ペガサス府中夢教室のFacebook
ペガサス府中夢教室の公式ホームページ 
府中市、東部エリア(白糸台、紅葉丘、若松町、浅間町、多磨町、朝日町、清水が丘、是政、小柳町、押立町)のみなさんへ
個別指導35年の実績
学習塾ペガサス府中夢教室です。
教室は、国道20号線沿い、マンマパスタさんの斜向かいにある北辰ビル3Fです。
● 京王線 多磨霊園駅 より徒歩5分
● 西武多摩川線 白糸台駅 より徒歩8分
● 西武多摩川線 多磨駅 より徒歩14分
● 京王線 東府中駅 より徒歩11分
● 京王線 武蔵野台駅 より徒歩12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本科コース一覧

小学部中学受験コース 小学部普通科コース 中学部高校受験コース 中学部普通科コース 読書くらぶ

特設コース一覧

定期考査対策 学力診断テスト
  無料体験受付中   塾長ブログ   合格実績