東京都府中市で「国語力」と「理系脳」を鍛える個別指導塾 学習塾ペガサス府中夢教室

menu

学習塾ペガサス 府中夢教室

Vol. 0025

月曜日、敬老の日を迎えて、田舎の広島に電話をかけた。

電話の向こうから元気な声が返ってきた。

両親とはこの夏のお盆休みに会ったばかりだから、それ以来、変わりはないようだ。

元気と言っても、二人とももう80歳。体にガタがきている。

元気な声になるのは、孫と電話を変わった時だ。

じじ・ばばは、1トーン上がった声になる。

子供たちも電話口ではしゃいでいる。じぃじ・ばぁばが大好きなのだ。

お盆に帰省した時の話を(いまだに)キャッキャ、キャッキャと話している。かき氷、スイカ、水族館、プール、カブト虫、畑のキュウリやトマトがおいしかったとか。

その様子を眺めながら、人間は、産まれてから死ぬまで、色々な節目があるんだなぁと感じた。

僕が子供のころ見た父親はスーツを着ていてパリッとした真面目なサラリーマンだった。

どこから見ても立派な人に見えたけど、無口な人だったし、当時の僕は特に尊敬するでもなく、あまり会話もなかったなぁ。。。と。

それが今では白髪の老人、孫との電話でハツラツと会話をしている。

当時、僕と兄を育てるためにがんばって会社で働いていたんだなぁと、あんなに無口だった父親を、いまでは理解できるような気がする。

そして、僕ら子供たちが目に見えない親の愛情で包まれていたことも、、、

僕は二児の父になって、改めて子供を育てることの大変さ、子どもの将来に責任を感じる。

教室で保護者さんと面談しているときも、いつの間にか同じ立場で話している。

まず共通の土台があり、共感が安心感になり、元気を頂くことも多々ある。

また、教室で生徒に授業しているときにもオーバーラップする。

何人も自分の子供を持っているのと同じことだ。

年を重ね、その重圧を経験している最中の今、敬老の日の意味が、まるで、台風一過の青空のように、クリアに理解できる。

それは何か?

それは、昔伝えることのできなかった感謝の気持ちを伝えること。

だから、敬老の日、照れくさいけど、

「長生きしてくれてありがとう。これからも元気でいてください。」

と電話で感謝を伝えた。

PS. 僕が引退した時、家族に囲まれ、目の前に孫なんていたら最高だろう。『幸福』そのもの。そりゃ、1トーンや2トーンくらい声が高くなってもおかしくない(笑)。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆夢を描けば、道は通じる◆◆◆◆ 
◆◆府中から世界を目指せ!◆◆
ペガサス府中夢教室は
◆◆子供たちの◆◆
◆◆応援して◆◆
います
◆◆◆◆
◆◆◆
◆◆
 
 
お電話 042-306-5841
 
ペガサス府中夢教室のFacebook
ペガサス府中夢教室の公式ホームページ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本科コース一覧

小学部中学受験コース 小学部普通科コース 中学部高校受験コース 中学部普通科コース 読書くらぶ

特設コース一覧

定期考査対策 学力診断テスト
  無料体験受付中   塾長ブログ   合格実績